« やっぱりオーボンヴュータンだわ | トップページ | FOODEX JAPAN 2008 »

2008年1月25日 (金)

パトリック・ロジェ in サロン・デュ・ショコラ

フフフ、昨日スケジュールの隙間を縫ってフジーニも「世界最大のチョコレートの祭典」に行って来ました。

今年は、「パトリック・ロジェ」一本に絞ってます。様々なショコラティエの芸術が味わえる現在の日本において、アンリ・ルルー上陸後の最注目は、何といっても初登場!パトリック・ロジェでしょう。

未だパリでしか食べる事が出来ない名作を食べる機会は逃しません。

2000年に30歳という若さで、チョコレート職人にとって最高の名誉にあたるM.O.F(フランス 国家最優秀職人賞)に輝いた彼。プラリネの魔術師、チョコレートの芸術家とい う異名をとるその独特の味わいと感性を体感する日が来ました。

天然フルーツの香りを大切にするパトリック・ロジェ氏ですが、中でも柑橘系の味わいは秀逸です。会場には、パトリック・ロジェ氏本人がいたので少し話をさせて頂きました。日本に大変な敬意を持って下さっています。購入した氏の著書に書かれた直筆のサインには「愛」と、覚えたての「友情」の文字が書かれました。

本当に芸術家としての、その存在感に感動の時間を過ごす事が出来ました。

ピエール・ガニエールと似たオーラを感じます。「先ずは、アートありき」という感性も似たものを感じます。

さて、購入したチョコは、天然フルーツを使った「シクローヌ」など、「フルーツとショコラのマリアージュ」というテーマを表現した逸品です。その美しい姿は、宇宙からみた地球のようでもあります。

しかーし!18粒で15,750円とは、高ーーーーーーい!その上、著書が15,750円だって・・・

ひえ~~~カードで分割にしようかと思いますね、こりゃ。

それでも、超一流を知る機会を逃さない!と自分に言い聞かせてGET !です。

しかし、ゆっくり味わえぬまま出張です。

自宅に残されたチョコ・・・ママーニとチビーニが留守番中・・・ピラニアの棲むアマゾンに肉を落とした状態にならねば良いが・・・帰ったら箱だけはイヤだよ。

|

« やっぱりオーボンヴュータンだわ | トップページ | FOODEX JAPAN 2008 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474871/11020854

この記事へのトラックバック一覧です: パトリック・ロジェ in サロン・デュ・ショコラ :

« やっぱりオーボンヴュータンだわ | トップページ | FOODEX JAPAN 2008 »