« 食事に表れる“その人の魅力” | トップページ | ボワシエ・ペタルチョコレート »

2008年5月 1日 (木)

自由が丘「いちばんや」

Photo_2 何て事はないラーメンのスープ。しかし、その琥珀色の澄んだ液体の中に込められたこだわりというものは、ある意味店主の人生そのものなのかもしれない。

自由が丘の「いちばんや」という名のラーメンが好きだ。おそらく、既成概念や固定観念の類で判断すると物足りないスープと感じてしまうかもしれない繊細さではある。しかし、ここのスープは、毎回全て飲み干してしまうほど。いや、飲み干してこそ、その味わいの深さを知る。

日頃、あまりラーメンは食べるジャンルではないが、料理としてスープを欲する「いちばんや」は身近なホッとする場所。家族で訪れる安心の店でもある。

独自の基準で厳選した安心素材をふんだんに使用し、時間と手間をおしまずにじっくり煮込んだ、100%手造りの天然だしスープは、その滋味溢れる深みの奥に丁寧な仕事が見て取れる。化学調味料は一切使用していない無添加のスープ(先ダレにも使用していない)は味わってみる価値あり。

Photo_3 既存のラーメン屋と違うのは、店の在り方にも強い信念と哲学をもっている点。お客様との距離感を心がけている。店創りのこだわりとして、「どんな空間」で召し上がっていただければ、「ラーメンが美味しく感じ」よりお客様に満足していただけるかを真剣に考えました。店造りの基本も当然ここにあると考えます。名前は「いちばんや」と名付けました。八つの「いちばん」を目指してがんばりますという気持ちをこめて!!

「 一、スープ 二、麺 三、素材 四、器 五、水 六、店 七、サービス 八、お客さまの満足」

と、店主は語る。

華やかなラーメンのアピール合戦の世の中で、全く我が道を行くこの店のスタンスに共鳴を覚える。

日々精進、ラーメン作りは一生の修業とする店主の存在を密かに応援している。

毎回、微妙に味が安定していない部分もある。それは、体調だったり新しい試みだったり・・・食材のコンディションの差であるのかもしれない・・・それほど繊細な仕事にこだわり、時間をかけて丁寧に仕込んでいるのだから、むしろその微妙さを楽しむのが正解。

さて、今日はどんなスープに仕上がったかな?

静かにジャズが流れる、この店のスープの完成まで付き合ってみたい。

【写真中央】しろ醤油三種入りラーメン(しろ醤油ラーメンにマグロの香味焼き、味付け玉子、チャーシューがついてます。)

|

« 食事に表れる“その人の魅力” | トップページ | ボワシエ・ペタルチョコレート »

食文化」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474871/20685578

この記事へのトラックバック一覧です: 自由が丘「いちばんや」:

» 健康指向なセレブらーめん 「「いちばんや」 [はやぶちゃの幸せ探し]
自由が丘のラーメンやさん 「いちばんや」 最近、東京のラーメン本を買いました。いろいろいってみたいなぁっと思っていた時にフードアナリストの藤原さんのブログ(自由が丘「いちばんや」)を見てしまったために気になって気になってしょうがなくなってしまった。もちろん、買った本にも載ってます。 この「いちばんや」だけど、僕は自由が丘ぽいラーメン屋だと思う。その理由が、麺やスープへのこだわり方だ。 麺は無農薬の小麦粉を使用。さらに、スープも化学調味料などを使用せず作っているそうだ。それ以外にも味玉な... [続きを読む]

受信: 2008年7月13日 (日) 19時03分

« 食事に表れる“その人の魅力” | トップページ | ボワシエ・ペタルチョコレート »