« クイズ番組の裏側 | トップページ | 待望のLADUREE(ラデュレ)上陸も・・・ »

2008年7月24日 (木)

第10回ジャパン・インターナショナル・シーフードショー

東京ビッグサイトで23日に開幕した「第10回ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」で講演させて頂いた。タイトルは【愛される「日本のシーフード料理」の存在と可能性】です。

001

原油の高騰による漁業問題をはじめとして、多くの課題を抱えるシーフード業界での講演は、フードアナリストという役割の在り方を問われるチャレンジでもありました。

日本の魚料理の今まで積み重ねて来た伝統と、その精度の高さと海外での魚料理事情を比較しながら、今と未来への提言を盛り込んだ講演でした。

満席御礼でした。

「シーフードショー」開催の意義は、水産物の取引機会を拡大するというだけではなく、水産業界発展のための学習の場とも考えております。多数のバイヤーとの情報交換は、様々な川下の動き、気配を知る有益な機会です。同様にバイヤーの皆様にも水産物の魅力をご理解頂き、双方で学ぶ機会となっております。水産物を取り巻く環境は世界的な魚食ブームの中で様々に変化しておりますが、双方で学びあい、水産物の魅力を高める機会となるよう私共も取り組んで参ります。」と大会会長がおっしゃるとおり、多くの専門家がメモを取り、真剣に学ぶ姿勢に感銘を受けました。

頑張れニッポンの水産業者さんたち!

消費者も学ぶことによる知識での正しい判断が求められます。適正価格での消費もまた、国民の全体の利益を守ることになるのです。安ければ何でも良いではなく、追い詰められている漁業従事者への支援としての魚の価格についても応援出来る気持ちが大切だと考えます。

切実な声に、少しでも多くの消費者に正しい情報提供をしていく役割を感じます。

Photo

会  期

2008年7月23日(水)~25日(金)
開催時間 10:00~17:00 ※25日のみ 10:00~16:00
会  場 東京国際展示場“ビッグサイト”東4・5ホール

003

|

« クイズ番組の裏側 | トップページ | 待望のLADUREE(ラデュレ)上陸も・・・ »

食文化」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474871/22505850

この記事へのトラックバック一覧です: 第10回ジャパン・インターナショナル・シーフードショー:

» 魚料理 [今日の料理]
実は、魚があまり好きではないので、どうしても肉を使った献立が多くなりがちです・・・ [続きを読む]

受信: 2008年7月25日 (金) 09時00分

« クイズ番組の裏側 | トップページ | 待望のLADUREE(ラデュレ)上陸も・・・ »