« 「全国感動のレストラン、お取り寄せ(グラフ社)」発売! | トップページ | 洋食への誘い »

2011年6月10日 (金)

手紙のチカラ

最近、多くの手紙を頂く。それも手書きのものが多い。

季節の便りから、お礼状などその筆者の想いが綴られた文字の個性に読みながら頬が緩む。

お世話になった先輩にお礼の菓子を贈ったお礼状は、その時の菓子の包装紙を利用して手作りの封書にしてくれていたりする。嗚呼、何て素晴らしい心遣いなんだろうと心に響く。

インターネットが普及して以降のコミュニケーションは大きく様変わりしたが、人と人を繋ぐ心の交流に手書きであることの意味は大きい。どんなに繕っても、どんなに気取ってもEメールでは伝えられないものがある。

人間関係が大きく様変わりして、最近は年上の方との交流が多くなって来て学ぶ事が多い。特に、世の中で成功して信頼の厚い方々からの手書きの文字ひとつ一つには、その人の歴史があり、苦難を乗り越えた努力と、人に対する優しさを感じる。

文字は人なり。

どんなにヘタクソな字であってもいい。相手を想う、心を込めて手書きで手紙を送りたいと思う。

|

« 「全国感動のレストラン、お取り寄せ(グラフ社)」発売! | トップページ | 洋食への誘い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事