グルメ・クッキング

2012年3月18日 (日)

オリーブオイル・スキャンダル

Photo_2 【The Olive oil Scandal】

- By Raymond Francis
  Beyond health -

「オリーブオイルスキャンダル」(英文)というタイトルの記事で、これは「NaturoDoc」というサイトで掲載されたものです。
オリーブオイルについての裏側をリポートしたもので、大変興味深い内容です。

長文ですので、抜粋して紹介します。

『本物のオリーブオイルは健康を促進させますが、本物のオリーブオイルを探すのは、山積みの中から針を見つけるようなものである。今日の市場にあるほとんどのオリーブオイルは、古代の人々が食べていたものとは同じではありません。

現状のほとんどの市場に出ているオリーブオイルは、健康に不可欠な栄養が欠如している。

精製されていないオリーブオイルは、ビタミン、必要不可欠な脂肪酸、抗酸化物質(オリエン酸)そして他の栄養素が含まれているものである。多数の研究の結果、オリーブオイルはコレステロールを下げ、血圧を下げ、血栓を予防し、乳がんの発生効率を下げる事が判った。
しかし、こうした健康効果の高い高品質のオリーブオイルを入手するのは、ほぼ不可能である。なぜなら、昔の手法でオリーブオイルを生産するのは、時間がかかり費用もよりかかるからである。

昨今の精製オリーブオイルの処理方法では、かなりの栄養品質を落としているのが現実である。
精製されたオリーブオイルは酸化しやすいため、たった数ヶ月しか持たないが、本物のピュアオリーブオイルは2~3年は持ちます。

市場にあるほとんど全てのエクストラバージンオリーブオイルは、私たちが期待する程の栄養価、健康に良い特性を供給していない。

エクストラバージンオイルは100%オリーブから作られていると言われている。メーカーは、よくオリーブオイルと他の油を混ぜている。これは20世紀で一番大きな詐欺かもしれない。

これらのスキャンダルが、Mermu(スイスとドイツの雑誌)そして、AgraTra(イタリアの雑誌)とGazzetta del Mezzogiorno(イタリアの新聞)に発表されたが、業界の反発もあり、このスキャンダルはうまく隠されてたった一握りの人々にしか知られなかった。

集めた書類に少なくとも10,000トンのヘーゼルナッツオイルが含まれていたと指摘されていた。20%ものヘーゼルナッツがオリーブオイルに混ぜられていた事は未だに消費者に知られていない。

1996年のFDAの研究結果、100%オリーブオイルと記載されている物を調査すると、96%のオリーブオイルは他の油との混合である事が判明した。イタリアで40万トンのオリーブオイルが生産されたが、75万トンが売られた事実がある。数字の違いは高く精製されたナッツ油と種油で水増しして数字を埋め合わせたのである。

アメリカでは、コーン油、大豆油、ひまわり油のような安い油を混ぜているのだ。高熱の精製処理方法は、オイルの分子構造を変えてしまい、毒にしてしまう。精製そして水素化した油(硬化油)の大量摂取は、病気を引き起こすと証明されている。また、硬化油はガンと心臓病にも関連している。

また別の記事では・・・2008年3月にイギリスの新聞”Telegraph”に掲載された内容。

その記事には、イタリアの警察が85の農家に家宅捜査に入り、23人の関係者をオリーブオイルの偽装販売の容疑で逮捕したことが書かれています。警察の捜査の結果、他国で生産されたオリーブオイルのラベルをイタリア産のラベルに張り替える作業に対し52億に上る支払いがされたことを証明する領収書が発見されたということです。

また、過去にイタリア政府の調査で787のオリーブオイル製造者が調査された結果、205の製造者から製品がクオリティの低いオイルと混合されたり、ラベルに不当表示がされていたなどの事実が確認されたと書かれています。

さらに、同新聞の2007年の記事によると、イタリアから出荷されるオリーブオイルの4%程度のみが実際100%イタリア産であると書かれています。

これらの情報は現在のオリーブオイルのクオリティ管理に明らかに問題があることを示していると感じます。
オリーブオイルに関する表示やクオリティ指標に関するルールはこれまでほとんどなかったのが事実で、今でも明確なルールがあるとは言いがたいのです。[エキストラバージン」の定義は明確に理解されていませんし、「イタリア産」の表示はゆるく使われることが多い。

イタリアでは国内で生産されるオリーブの量よりも多くのオリーブオイルが消費されていることや、毎年のオリーブオイル生産量がその年の天候やミバエの被害などにより丸ごとだめになることが少なくないことなどを考慮すると、実際に100%イタリア産で上質のエキストラバージンオリーブオイルが東京で手に入ることのほうが奇跡的といえるのではないでしょうか。

| | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

ベーカリーファンタジスタ開催!

11月6日(木)~19日(水)までの2週間、長野東急百貨店において「ベーカリーファンタジスタ」と銘打ったパンの祭典が開催されている。

長野県内でセレクトされた名店20店舗以上と、東京からはスーパーパティシエとして名高い辻口博啓氏が手掛けるコンフィチュールが初上陸。

Bf001

このイベントのプロデューサーを担当させて頂いていますので、開催日の会場でお客様の反応が気になりました。

当日は、会場前から長蛇の列が出来て7階の会場からデパート2階まで、200名以上のお客様がこのイベントを待ち侘びて下さいました。

テレビ信州の「ゆうがたGET !」という情報番組の10周年記念イベントとしても、視聴者からのアイディアをパンとして限定販売するなど大盛況です。

朝11時会場のイベントで1便が12時半には全てのパンが完売となってしまったほど。そして14時に再入荷するも、16時半には全てが完売という人気ぶりです。このイベントでなくては食べられない新作も目白押しです。

辻口シェフ渾身のコンフィチュールたちも大好評で、厳選した12種類に加えて、このベーカリーファンタジスタのための長野スペシャルという限定コンフィチュールが登場しました。リンゴとジンジャー&はちみつのものと、はったい粉と栗の2種類です。僕自身も売り場に立って素晴らしいパンやコンフィチュールをPRしてお客様の喜んで下さる笑顔に触れて大満足のスタートです。

Bf

パン好きの皆さん、ぜひこのイベントにお越し下さい。たくさんの発見と美味しい出逢いが待っています。

※大盛況のうちに終了致しました。

Bf002

| | トラックバック (0)