ペット

2008年4月23日 (水)

猫は魚が好きとは限らない

Photo 猫が魚好き、というのは習性ではないようです。

海外で生活していて気付いたのですが、地域によって猫の食べる好みが違うなと思いました。魚には見向きもしない猫もたくさんいました。鰹節などをあげても「プイ!」ってされたこともあります。

元々猫というのは砂漠の地域の生き物で、あまり魚とは縁のないところに住んでいたんです。なのになぜ日本の猫は魚好きといわれるのか?

それは江戸時代までの日本では、一般的に蛋白源が魚しかなかったという理由によります。で、幼い頃からそういう餌の嗜好に馴らされてきたから、みんな魚好きになってたわけです。

実際には魚の油脂成分は不飽和脂肪酸という猫の体では処理しにくい物が主体ですから、かなり体には悪いそうなんです。

そんなわけで、日本の昔の猫はみんな短命でした。

キャットフード屋さんのホームページなどをよく見ると、日本メーカーの物には魚味が多く、外資系や外国メーカーと提携している所ではチキン味、ビーフ味といったものが多く見られるのに気が付くと思います。

アメリカの猫なんかはチキンが好きです。アメリカらしくコーン味なんかも好きだったりします。

猫にネズミというのはほぼ万国共通ですが、自然界での猫の原種は、そういう小さな動物や昆虫などを食べて生きていたようです。日本でもヤマネコなんかは、糞を調べてみると、虫ばかり食べている様子がしばしば観察されています。

魚を食べた形跡というのは、なかなか出てこないのが普通だそうです。

結論は、魚を好きなのではなくて猫科は肉食なので、"肉"が好きなのです。身近で取れる肉というと、魚か鶏ということになります。人間の食生活とも大きく関わっているのですね。

うちの猫は、飼い主同様に何でも食べます(笑)

| | トラックバック (0)